リノココ住み替えガイド

マンションのフルリノベーションっていくらかかるの?

マンションのフルリノベーションっていくらかかるの?
シェア ツイート

はじめに

 

リノベーション済みのマンションを検討するか、中古マンションを購入して自分のこだわりを活かしたリノベーションをするのか迷う人は多いでしょう。

 

しかし、実際にリノベーションにはどのくらいの予算を見ておけば良いのでしょうか?

結論から言うと、全面改修=フルリノベーションの予算はやりたい内容によって300~1000万円以上とかなり幅があります。

 

今回は占有面積70㎡のマンションと仮定して、予算別にできるリノベーションの内容を解説していきます。

 

①300~400万円でできる水回りとクロスの刷新

 

300万円前後の予算を確保しておけば、キッチンやお風呂、洗面所、トイレといった全ての水回り設備の交換と、全室のクロスの貼り替え工事が可能になります。

 

もちろん水回りの設備のグレードによって値段は大きく変わるのですが、300万円前後の予算であれば一般的な新築マンションなどでも使われているものと遜色ないレベルのものが選択できます。

 

キッチンなら食洗機、浴室なら掃除が楽なパネルや浴室乾燥機能、トイレならウォシュレットや節水機能など、30年前には一般的ではなかった付加価値がプラスされ、既存の設備よりも機能をUPすることができます。

 

築年数が古い場合は、将来的なことも考えて配管や給湯器も一緒に交換してしまった方が良いでしょう。

 

水回りの費用は占有面積によって変わりませんが、クロス貼り替えの費用は占有面積が広くなればその分高くなります。

 

室内の1面だけアクセントクロスを貼ることで、予算を抑えてイメージを刷新することができます。

 

300~400万円のリノベーション例 費用相場
システムキッチン交換 70~100万円
ユニットバス交換 70~100万円
トイレ交換 15~20万円
洗面台交換 15~20万円
給湯器・配管交換 50~100万円
クロス貼り替え 40~50万円
合計 260~390万円

 

 

②500万円前後でできる間仕切り変更や造作家具の設置

 

500万円前後の予算があれば、先にご紹介した水回りの交換やクロスの交換に加えて、フローリングの張り替え、ドアの交換、和室から洋室へのリニューアル、間仕切りの変更、こだわりの造作家具(棚やカウンターなど)の設置などが可能になります。

 

工事の規模が大きくなるほど、グレードによる価格差が大きくなります。

 

なお、クロスやフローリングの貼り替え費用は占有面積が広くなるほど高くなります。

 

建具(ドア)の交換費用はグレードと枚数によっても大きく変わってきますが、70㎡の場合、LDKで1枚、居室3室で3枚、トイレと洗面所で2枚の合計6枚を上限として考えると良いでしょう。

 

間仕切りを撤去して大空間を設ける場合は、壁の設置費用やドアの費用がかからないため、その分が安くなります。

 

たとえば、居室を減らして大空間のLDKを作り、リビングに必要な物を全て収納できる造作家具を設置することで、自然と家族が集まる空間になります。

 

また、キッチンの背面に大容量の収納を取り付けたり、パントリーを作ることで、空間をスッキリ見せることができます。

 

500万円前後のリノベーション例 費用相場
システムキッチン交換 70~100万円
ユニットバス交換 70~100万円
トイレ交換 15~20万円
洗面台交換 15~20万円
給湯器・配管交換 50~100万円
クロス貼り替え 40~50万円
フローリングの貼り替え 70~90万円
建具の交換(6枚を想定) 40~90万円
壁を撤去して新しい壁を設置 30~40万円
造作家具の設置 30~60万円
合計 430~670万円

 

③700万円以上でできるスケルトンリフォーム

 

700万円以上の予算が用意できる場合は、既存の内装を全て撤去して初めから作り直すスケルトンリフォームがおすすめです。

 

共用配管の位置にもよりますが、水回りの位置を変更したり、テレワークスペースを設けることもできます。

 

スケルトンリフォームの相場は、標準的な仕様で㎡あたり10~12万円、建具や水回りの設備のグレードを高くしたり、断熱窓などの機能性を付加する場合は15万円~となっています。

 

そのため、総額としては700~1200万円とかなり幅があります。

 

なお、断熱性などの機能を向上させる場合、国や自治体から補助金が受けられることもあるため、あらかじめ自治体の窓口で確認しておくと良いでしょう。

 

スケルトンリフォーム
標準的な仕様 700~840万円
グレードの高い仕様 1000~1200万円

 

④まとめ

 

リノベーションの費用についての考え方は人それぞれですが、一般的には、まずは傷んでいる部分のリニューアルが優先となります。

 

クロスや水回りだけでなく、フローリングや建具なども交換することで室内は新築同様に生まれ変わるでしょう。

 

大空間のリビングを作りたい、カウンターキッチンにしたい、大容量の収納を設けたいといったこだわりがあれば、優先順位をつけて計画しましょう。

 

物件価格が抑えられている場合は、スケルトンリフォームで一からこだわりを実現してみるのもおすすめです。

 

Misato

 

2002年から関西の不動産会社にて築浅マンションから高経年マンションまで取引を経験。中古+リノベーションでライフスタイルにぴったり合わせた住まいの提案を行ってきました。
現在は名古屋市在住で、不動産ライター歴4年です。

シェア ツイート

カテゴリ

タグ

人気の記事