リノココ住み替えガイド

住宅を購入する前に知っておきたい住宅ローンの基本

住宅を購入する前に知っておきたい住宅ローンの基本
シェア ツイート

はじめに

 

住宅を購入する際に多くの人が活用するのが住宅ローンです。住宅は大きな買い物ですので、現金一括で買える人はほとんどいません。住宅を購入する前に知っておきたい住宅ローンの基本を解説します。

 

1.住宅ローンの審査

住宅ローンは銀行などの金融機関の審査を通過しなければ、お金を借りることができません。金融機関は住宅ローンの申し込みをした人に対し、年収、勤続年数、過去の返済履歴、家族構成などさまざまな基準で審査を行います。金融機関によって審査基準は異なりますので、住宅ローンの借り入れを希望する金融機関で審査を行う必要があります。

 

2.住宅ローンを借りる際に決めるべきこと

住宅ローンを借りる際に決めるべきことが色々とあります。どのようなものを決める必要があるか解説します。

 

(1)借入期間

住宅ローンは借入期間を決める必要があります。ただし、年齢などによって借りられる期間は異なりますので、必ず希望通りの期間で借りられるわけではありません。審査の前に金融機関に希望を伝えておくとよいでしょう。

 

(2)変動金利と固定金利

 

住宅ローンを借りる際には変動金利と固定金利を決める必要があります。変動金利は借入期間中金利が変動する住宅ローンです。変動金利は将来の金利上昇によって返済総額が異なるため、リスクもある契約となります。

 

固定金利は契約時に金利を固定できるため、返済総額が確定すると言うメリットがありますが、変動金利よりも金利が高めに設定されています。そのため、金利があがらなければ、変動金利の方が返済総額は少なくなりますので、お得ということになります。

 

変動金利は返済計画に余裕がある方や一括である程度返済することができる資産がある方にオススメです。返済計画に余裕がある方や一括である程度返済できる方は、万が一金利が上昇しても繰り上げ返済によって金利上昇のダメージを軽減することができます。

 

(3)元利均等返済と元金均等返済

 

元利均等返済とは元本と利息を含めた金額が一定となる返済方法です。住宅ローンの借り入れ当初は元本が大きいため、利息部分が多くなり、徐々に元本部分の返済割合が多くなっていきます。元利均等返済は下図のようなイメージです。

 

[元利均等返済のイメージ図]

 

元利均等返済は返済額が常に一定となります。そのため、借入当初は借入元本があまり減らずに金利部分の支払いが多くなってしまいます。

 

一方の元金均等返済は元本部分の返済額は一定で、元本が減っていくことによって金利負担が徐々に減っていく返済方法です。元金均等返済のイメージ図をご覧ください。

 

[元金均等返済のイメージ図]

 

 

元金均等返済は借入当初の負担が大きくなる代わりに、借入当初から元本部分が確実に減っていくため、結果的に金利負担が少なくなるというメリットがあります。借り入れ当初の返済計画に余裕がある方は元金均等返済を選択してもよいでしょう。

 

3.住宅ローンは長期間の重要な契約

住宅ローンは数十年に及ぶ長期間の契約です。人生の中でも重要な契約となりますので、基本的なことを理解して選択する必要があります。マイホーム購入の際は物件選びだけでなく、最適な住宅ローンを選ぶことも豊かな生活を送るために必要となるでしょう。

 

現在は超低金利となっており、金利負担はかなり少なくなっています。賢く住宅ローンを契約して住宅購入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

すずきママ

 

プロフィール:二児の子育てをしながらライターをしています。銀行勤務経験を活かして金融関係の情報を中心にわかりやすく解説します。

シェア ツイート

カテゴリ

タグ

人気の記事