リノココ住み替えガイド

実は重要な水まわりアイテム。手洗い水栓について

実は重要な水まわりアイテム。手洗い水栓について
シェア ツイート

はじめに

 

水まわりの住宅設備というとキッチンやトイレ、そして浴室を思い出すかも知れません。しかし、水まわり設備はそれだけではありません。代表的なのが手洗い水栓です。手洗い水栓は小さなアイテム。しかし、意外に重要な設備です。

ここでは手洗い水栓について、その必要性やリフォームなどを紹介したいと思います。

 

手洗い水栓について

 

手洗い水栓はその名の通り、手洗い用に設置されます。代表的なのがトイレに設置する手洗い用の水栓です。

 

今の手洗い水栓は多彩です。壁に設置するコンパクトなタイプもあれば、デザイン性をアップさせた物まであります。設置する部分の広さと内装に合わせて選ぶことが可能です。

 

手洗い水栓は衛生目的で非常に重要。特に昨今の感染症の対策としては役立つアイテム。ぜひとも家に欲しい設備と言えます。

 

手洗い水栓の種類

 

手洗い水栓は操作の方法などでいくつかの種類に分けることも可能です。
バリエーションが豊富なのですが、代表的な水栓を挙げると次の通りになります。

 

・単水栓
・混合水栓
・自動水栓

 

機能としては単水栓が水を出す、混合水栓がお湯と水を1つの水栓で出すことが可能。自動水栓が手をかざすなどの動作によって水を出すタイプと言えます。

 

操作方法も様々で、昔ながらの蛇口のタイプやレバー式の物など、様々な仕様があります。

 

トイレのリフォームと手洗い水栓

 

トイレは水まわり設備ということもあって、老朽化の進みやすい設備です。そのため、製品の耐用年数が過ぎた時点でリフォームが必要となります。
ところで、今の洋式トイレの場合、タンクの上部に手洗い水栓が付いているタイプがあります。そのトイレを新しい物に交換する場合には、手洗い水栓が別途必要になるケースもあるので、注意が必要です。

 

例えばタンクレストイレ、このタイプは水栓が付いていないので、別途に水栓を設置する必要があります。当然、手洗い水栓には水道工事が別途に必要です。リフォームは便器だけでなく、壁の内部の水道配管部分にまで及びます。

 

タッチレス水栓について

新型コロナウィルス感染症の流行を機に注目されたのがタッチレス水栓です。これは、手で触れること無しに操作が出来る特徴があります。多くの感染症が手の指先を経由して伝染するので、触れること無しに操作が可能なタッチレス水栓は、非常に衛生的と言えます。

 

タッチレス水栓は電気で動作するので、他の一般的な水栓とは違う工事も必要となりますが、衛生上のメリットが非常に大きいので、今後は更に普及するのでは無いかと予想されます。

 

まとめ

 

手洗い水栓について取り上げました。水栓について理解が深まったことと思います。また、水栓が衛生面で重要な部分であることも分かったことと思います。

 

衛生的な住宅は健康な生活を送る上で不可欠です。これから家造りを考える方々においては、安心して快適に生活出来る家造りのためにも、手洗い水栓に関しても十分に検討することをおすすめします。

 

斎藤 信

大手の建材メーカーにて住宅建材の開発に従事。設計から製品化まで、幅広い分野の業務を担当。キャリアは20年。プライベートでは2児の父で味はブログの執筆。

シェア ツイート

カテゴリ

タグ

人気の記事