リノココ住み替えガイド

すっきりとしたフォルム。人気のタンクレストイレをご紹介

すっきりとしたフォルム。人気のタンクレストイレをご紹介
シェア ツイート

はじめに

 

住宅設備の中で最も身近な物と言えば、やはりトイレが挙げられるのでは無いかと思います。トイレ以外の設備…仮に浴室やキッチンに不具合があったとしても、銭湯や外食などで対応は可能でしょう。しかし、トイレはその様には行きません。

 

そんな背景もあり、トイレは進化を続け、様々な機能を加えて来ました。

 

今回紹介するタンクレストイレは新しいタイプのトイレ。人気のある住宅設備です。

 

 

タンクレストイレの特徴

 

タンクレストイレの特徴は、その名の通り、トイレ後ろ側の水のタンクが無い点です。

 

一般の家庭用の洋式トイレの場合には、水を貯めるタンクが付いています。このタンクに溜めた水で使用後に流すのですが、タンクレストイレの場合にはタンクがありません。流すための水は、トイレに直結した水道から取り、その水圧で流す構造となっているのです。

 

また、タンクレストイレは、新しいトイレに付いている機能の多くが標準装備として取り入れられています。例えば、今の洋式トイレの便座にはウォシュレットが付いていますが、それでも標準装備ではありません。しかし、タンクレストイレの場合には標準的に付いているのです。

 

 

タンクレストイレのメリット

 

タンクレストイレはタンクが無いため、形状的にもスッキリしています。そのため、日頃の掃除が簡単に出来ます。

従来のタンクのあるトイレの場合には、形状が結構複雑なため掃除も手間が掛かりました。特にトイレの個室は狭い空間のため、タンクの横などは掃除が大変でした。

 

しかし、タンクレストイレは形状が簡単なので、その様な手間が必要ありません。手の届きにくい部分がほとんど無いので、全体をサッとキレイに出来ます。

 

また、節水効果も高いです。タンクレストイレは従来のタンク式のトイレの3分の1以下の水の量で流せる様に出来ています。

 

 

タンクレストイレの設置上・使用上の注意点

 

タンクレストイレにもやはり設置上・使用上の注意点はあります。

 

まず挙げられるのが「停電時は使えない」という点です。

 

タンクの付いたトイレの場合は電気を使わないので、そのまま流すことは可能です。しかし、タンクレストイレの場合にはその様には行かず、バケツなどで水を汲んで流すことになります。

 

また、タンク式のトイレの場合、タンクの上が手洗いを兼ねている物がありました。しかし、タンクレストイレの場合には手洗い用の水栓が無いため、別途に用意する必要があります。

 

そして、タンクレストイレのためには水道の水圧が確保出来なくては付けられません。水圧が十分であるかの確認が必要です。

 

 

まとめ

 

タンクレストイレについて取り上げました。モダンなフォルムでもあるため、人気の高い設備なのですが、注意点もあることが分かったことと思います。

 

ただし、その様な注意点があったとしても、別途の内装の工夫でカバー出来ることもあります。リフォームの際には、タンクレストイレの設置も検討に入れてはいかがでしょうか。

 

斎藤 信

大手の建材メーカーにて住宅建材の開発に従事。設計から製品化まで、幅広い分野の業務を担当。キャリアは20年。プライベートでは2児の父で味はブログの執筆。

シェア ツイート

カテゴリ

タグ

人気の記事