リノココ住み替えガイド

交換時期や費用の相場は?トイレのリフォーム工事について解説

交換時期や費用の相場は?トイレのリフォーム工事について解説
シェア ツイート

はじめに

 

トイレは毎日何度も使用するため、水漏れや便器のひび割れなど、不具合が生じることもあります。何度も修理をすると「そろそろトイレのリフォームをするべきかな。」などと検討する方も多いと思います。

 

しかし、いつ・どのタイミングでトイレのリフォームをすればよいのか迷う方もいるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、トイレの寿命や交換時期、リフォーム方法、費用の相場などについて解説します。

 

トイレの寿命や交換時期について

 

トイレの寿命

 

トイレの耐用年数は、一般的に10年から15年と言われています。しかし、陶器製の便器は、ひび割れしない限り使用することができます。

 

一方、タンクやパイプは劣化しやすく、タンク内の部品は約10年、パッキンや配管は約20年で交換のタイミングとなることが多いです。

 

最近では温水洗浄便座のトイレが増えており、寿命は約10年です。

 

トイレの交換原因

トイレの交換する原因は以下の通りです。

 

  • トイレットペーパーを大量に流したり、異物を落とすことで起きる「トイレの詰まり」
  • 止水栓や配管、タンク、便器本体、床と便器の隙間などからの「水漏れ」
  • タンクの上に付いている「手洗い器の水が止まらない」

 

トイレの種類

 

トイレの種類は、和式トイレと洋式トイレに分けられますが、洋式は、主に3種類あります。

 

  • 組み合わせ型

タンクと便器、便座が別々になっており、トイレの中で設置数が多いタイプです。種類が豊富でメンテナンスしやすく、費用も安く済みます。

 

  • タンク一体型

タンクと便器、便座が一体となっているタイプです。凹凸が少なく、掃除がしやすくなっています。一部故障すると全て交換する必要があります。

 

  • タンクレス型

タンクが付いていないトイレでスッキリとした見た目が特徴です。節水効果が高く、タンク式トイレの3分の1以下の水量で洗浄できる製品が多くあります。

 

トイレのリフォームについて

  • 便器の交換

ひび割れや故障により便器の交換を行います。トイレのリフォームで多いのが便器の交換です。

 

  • トイレ周辺の部品交換

タンク内の部品やパッキン、配管などの部品交換や温水洗浄機の取り付けです。

 

  • 床や壁紙などの張り替え

耐水や耐アンモニアの床材やエコカラットのような機能性壁を使用すると、消臭効果が期待できます。

 

トイレのリフォーム費用

 

  • トイレのフルリフォーム(便器交換+内装工事付)

 

トイレ全体をフルリフォームする工事の一般的な価格帯は、25〜50万円程度かかります。
便器の交換のみでは、シンプルなものからタンクレスまで、5〜30万円程度です。

 

  • 和式トイレから洋式トイレの交換

 

和式トイレから洋式トイレのリフォームは、配管や電線が異なる場合もあり、10~40万円が相場となっています。

 

  • 壁や床の張替え

クッションフロアは2〜4万円、フローリングは4〜6万円程度です。トイレの壁・天井クロスの張り替えは、平均3〜4万円程度ですが、リフォーム会社によって費用が異なります。

 

まとめ

トイレの寿命や交換時期、リフォーム方法、費用の相場について解説しました。便器やタンク、パッキンなど、それぞれの交換時期を把握しながら、適切な時期にリフォームを検討してみましょう。

 

費用については、どのタイプのトイレを使用するか、リフォームをまるごとするか、一部にするかで大きく異なります。

 

それぞれの目的を明確にして、実績が豊富な業者に依頼しましょう。

 

teavege

フリーランスのWebライターです。行政書士、宅地建物取引の国家資格を保有。これまで、法律事務所、行政書士事務所、不動産サイトのコラム記事作成を経験。その他、不動産記事を中心に売買や賃貸、不動産投資、競売・任意売却など幅広く執筆。法律分野では、発信者情報開示請求、相続、遺産分割、債務整理なども執筆しています。

シェア ツイート

カテゴリ

タグ

人気の記事