リノココ住み替えガイド

たくさんのメリット。キッチン設置の床下収納

たくさんのメリット。キッチン設置の床下収納
シェア ツイート

はじめに

マンションの内覧に行く時、キッチンがどの様になっているかを最初に確認する人は多いと思います。中でも特にチェックされるのが収納スペース。キッチンの使い勝手に直結するので、非常に大切な部分です。

 

さて、床下収納…あまり大きくは無い収納部分ですが意外に便利。ここでは床下収納について取り上げてみましょう。

床下収納とは

キッチンは食品をはじめ、多くの食器や調理器具があり、整理をしなければなりません。しかし、キッチンのスペースにも限りがあるので、仮に大きな食器棚を設置したとしても収納には限界があります。また、造作家具を作ったとしてもやはり限界は出て来ます。

 

そんな時に重宝するのが床下収納。

 

床下収納は床板の下に設置するボックス状の収納スペースで、様々なアイテムを置くことが出来ます。収納は上から入れて行くので、食器棚などとは違うイメージにはなりますが、物をスッキリと片付けることが出来て便利です。尚、床下収納には主に蓋を外して開けるタイプと、ハッチの様に蓋を上に開閉させるタイプがあります。

収納物について

床下収納には様々な物が入れられます。台所用品であれば洗剤やスポンジなど、食品であれば未開封の缶詰など、長期保存の出来る物であれば問題無く収納が出来ます。

ただし、使い勝手を考えるならば、使用頻度と重量にも注意して収納する物を選ぶことがポイントとなります。

 

と言うのも、床下収納は使うたびに床の蓋を開く必要があり、冷蔵庫や食器棚を開閉するよりも労力が掛かってしまうからです。そのため、なるべく普段使わない物を入れておく方が、出し入れの手間が省けるのでおすすめです。

 

また、重い物を入れた場合は出す時に上に持ち上げなければなりません。腰を痛めるケースも出て来るので、重量物は避けるべきでしょう。

 

せっかくの床下収納であっても、収納する物を間違っては便利さが少なくなってしまいます。利便性を最大限に引き出すためにも、入れる物は注意して選びましょう。

設置をする上での注意点

床下収納の設置にも注意点があります。

まずは配置の問題です。

 

床下収納は床部分の蓋を開くため、蓋の上に何かがあっては開くことが出来ません。また、扉など、何かと干渉する場合にも非常に使い勝手が悪くなります。

 

例えば、ダイニングテーブルの下に床下収納が来ると、テーブルが邪魔になってしまい蓋を開けることが出来ません。また、冷蔵庫の扉や食器棚の扉の開閉半径部分に蓋がある場合にも使い勝手が悪くなってしまいます。そのため、床下収納を設置する場合には、あらかじめテーブルや冷蔵庫などの配置を計画しておくと良いでしょう。

 

また、湿気対策も大切です。床下は湿気が高くなりやすく、カビの発生リスクも上がってしまいます。除湿剤などを活用して対策を取りましょう。

 

まとめ

 

床下収納について取り上げました。床下収納について理解が深まったことと思います。

生活していると、物はどんどんと増えて行く物ですが、床下収納はスッキリと片付けることが出来るので便利です。

 

キッチン造りにおいて有用なアイテム。ぜひ設置を検討してはいかがでしょうか。

 

斎藤 信

大手の建材メーカーにて住宅建材の開発に従事。設計から製品化まで、幅広い分野の業務を担当。キャリアは20年。プライベートでは2児の父で味はブログの執筆。

 

シェア ツイート

カテゴリ

タグ

人気の記事