リノココ住み替えガイド

非接触が魅力。キッチンのセンサー水栓

非接触が魅力。キッチンのセンサー水栓
シェア ツイート

はじめに

 

住宅建材の進化は日進月歩。日々様々なアイテムが開発されています。その中には従来、住宅には使われなかった技術が導入された物もあり、私達の生活をより良い物にしています。

 

今回取り上げるセンサー水栓もその中の1つ。特に今のコロナ下の状況にマッチする物として受け入れられています。

 

 

センサー水栓の概要

 

キッチンの水栓は昔はレバー式の物が主流でした。しかし、昨今のコロナ騒動により、住宅建材は非接触での操作が求められる様になりました。そして、非接触センサーが様々な箇所に設置され、多くの建材の使い勝手が変わったのです。

 

キッチンの水栓もこの流れに沿い、非接触化の物が開発されました。それがセンサー水栓です。センサー水栓は水栓に非接触センサーが埋め込まれた水栓。手をセンサー部分にかざすと水が出る仕組みになっています。

ちなみに、今のセンサー水栓は浄水機能なども完備。使い勝手は良好です。

 

 

センサー水栓のメリット

 

まずはセンサー水栓のメリットを挙げてみましょう。

 

  • 非接触のため衛生的
  • 感染症の対策になる
  • 掃除がしやすい

 

まず挙げられるのが、衛生面でのメリットです。従来の水栓では握って操作をするため、仮に手に病原菌が付いていた場合には伝染る可能性を抱えていました。しかし、タッチレスになるならば触れなくて済みますので、病原菌が付かず、安全です。

 

そして、これは感染症対策にも通じます。病原菌は指先に付着している場合が多く、不特定多数の人が触れるならば感染リスクが高くなり、衛生的とは言えません。しかし、タッチレスになるならば、そもそもが触れないので、感染リスクも抑えられるのです。

 

最後の掃除ですが、これはレバー式の物より形状が単純なことに由来します。従来の水栓では形状が複雑。しかし、センサー水栓は形状がシンプルなので、掃除がしやすいのです。

 

 

センサー水栓のデメリット

 

次に、センサー水栓のデメリットを挙げてみましょう。

 

  • 電源の注意が必要
  • 反応が早かったり遅かったりする
  • センサー部の汚れに弱い

 

センサー水栓にはセンサーが付いています。そのため電源は不可欠です。ですから、電源が仮に途絶えた場合には使えなくなります。

 

これは従来のレバー式水栓とは完全に違う点と言えます。レバー式水栓は電気を使わないため、停電時でも問題無く使えました。しかし、センサーはその様には行かないのです。

 

次に挙げられるのが反応速度の問題。思ったよりも早かった、あるいは遅かったと言った場合があるのです。これはセンサーの感度や応答速度による物です。

 

また、センサー水栓はセンサーが物を検知して作動するシステム。仮に手以外の物で遮っても水が出る場合があります。ですから、例えば汚れがセンサー部に付着してしまっていると、誤作動してしまうこともあるのです。

 

 

まとめ

 

センサー水栓について取り上げました。メリットとデメリットが分かったことと思います。

 

ただ、センサー水栓には「水を安全に使う」という非常に大きな役目があります。健康維持のためには非常に有用なので、強くおすすめ出来るアイテムと言えるでしょう。

 

斎藤 信

大手の建材メーカーにて住宅建材の開発に従事。設計から製品化まで、幅広い分野の業務を担当。キャリアは20年。プライベートでは2児の父で味はブログの執筆。

シェア ツイート

カテゴリ

タグ

人気の記事