リノココ住み替えガイド

こんなにメリットがある!マンションの断熱リフォームについて

こんなにメリットがある!マンションの断熱リフォームについて
シェア ツイート

はじめに

マンションの断熱性は快適な居住空間作りには欠かせません。しかし、古いマンションの場合には断熱性が不十分なケースも多く、夏は暑く、冬は寒いケースが意外にありました。

 

そのため、断熱リフォームは中古マンションにおいても重要なのですが、どの様なリフォームであるかが分かりにくいと思います

 

そこで、ここではマンションの断熱リフォームに焦点を当てて解説します。

 

 

断熱リフォームのメリット

 

まず、断熱リフォームのメリットを挙げてみましょう。代表的なメリットは次の通りです。

 

・光熱費削減
・快適になる
・結露やカビの対策
・健康に良い

 

まず挙げられるのが光熱費の削減。エアコンやファンヒーターなどの使用が減ります。断熱リフォームをすれば、屋外の気温の影響を受けにくくなるので、冷暖房費が抑えられるのです。

 

次に挙げられるのが快適性のアップです。特に、暑さや寒さの厳しい時間帯には大きなメリットを感じます。例えば、冬の朝などは非常に寒いのですが、断熱性が上がれば厳しい寒さがやわらぎます。

 

また、断熱性が悪い場合、結露しやすくなります。その結果としてカビが生えることも。しかし、断熱性が上がれば結露しにくくなり、カビの発生も抑えられます。

 

そして健康面でのメリットです。断熱性が良くないと、場所によって気温が違ってしまいます。その結果、健康被害を受けるリスクを抱えてしまうのです。例えば、リビングと浴室に気温差があると、冬場などは入浴の時にヒートショックを受ける場合があります。しかし、断熱化されると気温差が少なくなり、ヒートショックなどの健康被害のリスク低下に繋がるのです。

 

 

リフォームする部分

 

次に、リフォームする場所について解説します。

 

まず覚えておきたいのは、コンクリートは断熱性があまり無い素材であると言うことです。そのため、マンションは、そのままでは夏に暑く、冬には寒くなってしまいます。しかし、快適な生活のためには断熱性は不可欠。ところが過去の建物を見るならば、断熱材が十分に入っているものばかりではありません。そのためにも断熱リフォームは必要なのです。

 

マンションの断熱化は、壁・床・天井の断熱化、そして窓部分は内窓を取り付けて対応します。

 

さて、マンションの場合、リフォームが可能なのは専有部分に限定されます。そのため、壁・床・天井部分の内側に断熱材を張り、窓は専有部分となる内側に内窓を追加して二重窓とし、断熱性を上げるのです。

 

ちなみに、窓サッシに内窓を張ると窓の防音性能も向上します。屋外の騒音がシャットアウトされますし、室内の音が漏れにくくなります。断熱化リフォームの副産物とも言える効果です。

 

 

まとめ

 

マンションの断熱リフォームについて取り上げました。リフォームのメリットや断熱化する部分について把握が出来たことと思います。ただし、マンションの断熱化は理論は基本的には共通しますが、ノウハウの点で会社によって差があります。

 

良い会社を選ぶことが大きなポイントとなるでしょう

 

斎藤 信

大手の建材メーカーにて住宅建材の開発に従事。設計から製品化まで、幅広い分野の業務を担当。キャリアは20年。プライベートでは2児の父で味はブログの執筆。

シェア ツイート

カテゴリ

タグ

人気の記事