リノココ住み替えガイド

【新築と比較】リノベーション済みマンションのメリット、デメリット

【新築と比較】リノベーション済みマンションのメリット、デメリット
シェア ツイート

リノベーション済みマンションの購入を検討している方のなかには、リノベーション済みマンションの特徴や注意点がわからない方が多いのではないでしょうか。この記事では新築マンションと比較したリノベーション済みマンションのメリット・デメリットについて解説します。この記事を読んでいただければ、リノベーション済みマンションへの理解が深まり、購入時に適切な判断ができるようになります。

 

リノベーション済みマンションとは

リノベーション済みマンションとは、前所有者から不動産会社が買取り、室内をリノベーションした後に販売される物件です。壁紙や給排水管、設備などを新しくしたうえで販売されるため、築年数の経過したマンションでも玄関を開けると新築のような部屋が広がっています。

 

リノベーション済みマンションのメリット

リノベーション済みマンションのメリットは下記の通りです。

 

室内は新築同様

現代のリノベーション技術は素晴らしく、築年数の経過したマンションであっても室内は新築同様に仕上がります。設備も新しくするため、利便性の良い充実した生活が送れるでしょう。

 

保証が充実している

中古物件であっても不動産会社が売主となる契約では、保証内容が充実しています。不動産会社が売主の場合、給排水管の故障やシロアリの害など、建物に大きな影響を与えるトラブル(契約不適合責任)が発生した際には引渡しから2年以内であれば修理費用は売主の負担になります。個人同士の取引の場合、契約不適合責任は引渡し時から3ヶ月間しかありません。

 

中古マンション特有の使用感がない

リノベーション済みマンションは新築同様に仕上がるため、中古マンション特有の使用感がありません。多くの人が気になりがちな、水まわりも全て新しくなっているため快適に生活できるでしょう。

 

すぐに入居できる

リノベーション済みマンションは、通常の中古マンションのように売主が住んでいるわけではありません。そのため、売主の引越しスケジュールなどを考慮せずに入居できます。

しかし、工事の最終確認やクリーニングなどが必要な場合もあるため、スケジュールは必ず確認しましょう。

 

リノベーション済みマンションのデメリット

リノベーション済みマンションのデメリットは下記の通りです。

 

外観や共用部分は変えられない

マンションは専有部分と共用部分が分かれており、所有者が変更できるのは専有部分のみです。そのため、外観や廊下、バルコニーなどの共用部分は変更できません。築年数によっては古い印象を持つこともあるでしょう。

 

一部リノベーションできない部分もある

マンションの構造や規約によっては専有部分であってもリノベーションできない部分があります。目に見える部分である場合は、リノベーションできない部分のみが目立ってしまうこともあるでしょう。配管などの場合は自分の目で確認できないため、担当者へリノベーションの詳細を確認しましょう。「仕様書」を見ることで工事の内容を確認できます。

 

築年数によっては耐震性が不安

昭和56年6月1日より前に建築確認が取られたマンションは旧耐震といい、現在の耐震基準を満たしていません。リノベーション済みマンションには築年数が経過しているマンションも多いため、必ず確認しましょう。

 

マージンが乗っている

リノベーション済みマンションは不動産会社が事業として行っています。事業では当然ながら利益を出さなければなりません。そのため、通常の中古マンションと比べると価格は高く設定されているのが一般的です。

 

新築マンションとの比較

 

ここからは新築マンションとリノベーション済みマンションを4つの項目から比較していきます。

 

価格

価格はリノベーション済みマンションの方が割安です。新築はディベロッパーの利益や、新築としての希少価値が価格に反映されています。リノベージョン済みマンションはあくまでも中古マンションであるため、価格で新築マンションを上回ることはありません。

 

設備

設備については新築マンションの方が全体的に優れています。リノベーション済みマンションでも設備を新しく変更できますが、マンションの構造によっては最新の設備を設置できない場合もあります。

 

周辺環境

リノベーション済みマンションは駅近物件が多いです。築年数の経過したマンションほど駅に近い傾向にあるため、利便性を踏まえて検討するのであればリノベーション済みマンションがオススメです。しかし、新築マンションの場合、周辺環境を含めて一体開発しているケースもあるため、日用品の買い物など、住環境が優れた新築マンションもあります。

 

安心感

建物全体の安心感があるのは新築マンションです。地震の多い日本では耐震性を重視する人が多いです。リノベーション済みマンションは、旧耐震など現在の耐震基準を満たしていない物件も多いため、新築マンションの方が安心感はあるでしょう。

 

まとめ

この記事では新築マンションと比較したリノベーション済みマンションのメリット・デメリットについて解説しました。リノベーション済みマンションは、新築同様の室内かつ新築よりも価格が安いというメリットがありますが、建物自体は変えられるものではありません。機能性や耐震性では新築マンションに劣る部分もあるでしょう。まずは、マンションの購入にあたって何を重視するのかを考えたうえで、検討しましょう。

 

ワタル

プロフィール:フリーランスWebライター。元不動産営業マンとしての経験を活かし、不動産記事をメインに執筆しています。専門性の高い不動産ですが、誰が読んでもわかりやすいように解説していきます。

シェア ツイート

カテゴリ

タグ

人気の記事